地域包括ケアをサポート ~明日につながるリハビリテーション~

地域包括ケア・体操に取り組む【アンナペレンナ株式会社】は、生活支援の一つとしてリハビリ動画を配信しています。体操をはじめとする地域包括ケアの他に、介護予防の情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてください。

まずは地域包括ケアシステムの現状を知ろう

地域包括ケアシステムについて、若い人たちはあまり知らないかもしれません。しかし、家族や知り合い、自身もいずれは高齢になるのです。

この機会に地域包括ケアシステムの概要、現状、将来の課題について知識を深めましょう。

地域包括ケアシステムの今

地域包括ケアシステムの今 地域包括ケアのイメージ画像

65歳以上の高齢者が3000万人以上いる日本。2025年には第一次ベビーブーム世代が75歳以上となり医療や介護問題はさらに深刻化すると言われています。

このような高齢化社会の日本に不安を抱いている方は多くいらっしゃるでしょう。そこで厚生労働省によって構築されたのが、住み慣れた地域で自立した生活を送るための支援と尊厳の維持を目的とした「地域包括ケアシステム」です。

地域包括ケアシステムでは、下記のような取り組みを行っています。

介護

介護サービスの充実、24時間の在宅サービスの強化

介護予防

介護を必要としないための取り組み、自立支援型介護の推進

医療

24時間在宅医療、訪問看護、リハビリ強化

住まい

健康状態や本人の希望を聞きながら住環境の整備、バリアフリー化の推進

生活支援・福祉サービス

心身の低下、経済的変化、家族関係の変化などがあっても、尊厳を維持しながら生活を送れるよう支援する

地域包括ケアシステムの深刻な問題点とは

地域包括ケアシステムの深刻な問題点とは

セカンドライフの希望となる地域包括ケアシステムですが、多くの課題があります。

医療と介護の連携体制が整っていない

夜間、休日、早朝など医師、看護師、介護士などが連携できる体制作りが必要です。

地域格差が生じる恐れがある

高齢者人口の違い、自治体の財源の違い、介護士不足などから地域によってサービスに格差が生じる恐れがあります。

担い手不足

特に高齢化が進む地域では、介護の担い手不足の問題があります。

システムが十分浸透されていない

地域包括ケアシステムの内容やサービスについて、住民に十分浸透していない。

未だ多くの課題がある地域包括ケアシステムですが、【アンナペレンナ株式会社】では課題解決に向けた取り組みを行っています。

リハビリや日常運動の参考となる動画を配信したり、訪問リハビリテーションを行ったり、地域密着型の通所介護も行っています。心身ともに健康的な生活が送れるようしっかりサポート致しますので、ぜひご利用ください。

地域包括ケアのコラムまとめ

地域包括ケアシステムの課題解決に取り組む【アンナペレンナ株式会社】

会社名 アンナペレンナ株式会社
所在地 〒226-0004 神奈川県横浜市緑区鴨居町2481 第2-1階
電話番号 045-530-7177
代表 近藤 愛子(作業療法士)
設立 2012.12
理念 人生の軌跡に敬意を表し。邂逅を大切にします
ホスピタリティーとリハビリテーションの融合
住み慣れた地域でいつまでも暮らせるスタイル
URL http://annaperenna-ltd.com